手作りお菓子たち

2018年3月24日 (土)

JHBS今月のお菓子 2018.3

クリスピーショコラバーがJHBS今月のお菓子メニューです。 カレンズレーズンのさりげない酸味がポイントだそうですが、皮むき生ごまも入っていたりと、リ スフレ(ライスパフ)だけ入っているようなシンプルなクリスピーチョコよりも色々入っているので、ザクザク楽しいチョコバーになっています。 私はこういうバーが結構好きheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

いちごのショートケーキ

東京はすっかり春です。最近18℃とか20℃に迫る勢いです。 暖かくなりましたね。 冬が短いーってつくづく思います。 JHBSのガトーフレイズをご紹介します。 日本では、一般的にみんなショートケーキって言いますよね。ちょっと、おしゃれに言うならばガトーフレーズ??と言わせていただきます(笑) 今更ですが、ガートーフレーズとはフランス語でガトー(お菓子)フレーズ(いちご)という意味です。 こんなホールケーキ作ったらお誕生日パーティーでもしたくなる勢いです。みんなで切り分けいっぺんに食べてもらえたらケーキも喜ぶのに‥。贅沢にも練習台(⌒-⌒; ) とほほ このシンプルなケーキこそが技術が必要だとつくづく思います。前回の時よりはちょっぴり上手に出来たかなって思うけれど、なかなか難しいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

JHBS 今月のお菓子 2018.2

JHBS今月2月のお菓子はメープルマフィンです。
マフィンは何度も出てきますが、今回の作り方は、より一段と簡単で、お気軽レシピになっております。油脂類を溶かして作る方法の方が楽ちんですよね・・・・。
マフィンは色々な作り方で作ると思いますが、今回の作り方は新たに勉強になる点があります。生地を冷却するんです。そこまで私は丁寧に作ったことはありませんでした。
あと綺麗に焼き上げるための十字の切込みですが、とても丁寧にします。
こんなに丁寧切込みを入れたことなかった~って色々勉強になりますよ~。
メイプルシロップをたっぷり使ったマフィンですが、なんだか自然なお味です。とても良いことなんですが、アメリカバージョンにしたくなる私です。もうちょっとメイプルのパンチが欲しいbleah優し過ぎなんですもん。
メイプルフレイバーを少々加えたいところです。これを加えると一気にアメリカの味になりますね。そしてピーカンナッツが無ければ、ベーコンを入れたい・・・。
え~って今声を上げた方いらっしゃったらごめんなさい。
メイプルとベーコンは最強の組み合わせであります。
そんな私の工夫はどうでも良いとしまして、この定番のメイプルマフィンは気軽に作るマフィンとしてとってもおススメだと思います。食べる時ちょっと温め直すと美味しいですよ~。
朝食にいかがでしょうか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

アップルパイにはアイスを添えて

アップルパイappleこれは、JHBSのスイーツメニューにあるタルト アルザスです。 これはとっても上手に焼けたみたいheart 食べきれない分はカットして冷凍庫へ直行 でも、アップルパイは美味しくリベイク出来るから、便利に嬉しいスイーツですね。 食べたい時に、ゆっくり楽しめます。トースターでしっかり温めてからアイスを添えたら、完璧です。お好きな人はシナモンもお忘れなくrestaurant

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

JHBS今月のお菓子 2018.1

今月1月のJHBSのお菓子は、かぼちゃだんごでした。 これってお菓子?? 私にはおかずにしか見えませんでしたがeyesign02 北海道の郷土料理、芋餅のかぼちゃバージョンなんですが、片栗粉ではなくタピオカ粉だと、よりタピオカのモッチモチ感が出てくるかなと思います。 タピオカもいいですねーなかなかgood 私はもちろん、片栗粉バージョンですが、じゃがいもでもかぼちゃでも作ったことありますよー。その時注意するのは、やはりその野菜の水分なんですよねー。 JHBSでは、かぼちゃペーストを使うからある程度一定なわけですが、生のかぼちゃから作る場合は、毎回分量は変わりますね。まず、私は粉の量を計ったりはしないですね。適当にcoldsweats01笑 私は出来上がった味のしないようなかぼちゃペーストではなく、ここはやはり美味しいかぼちゃを茹でて作りたいです。 きっと美味しく出来ます。 久しぶりに北海道の郷土料理、芋餅でも焼いてみようかなと思ってます。甘いお醤油のタレには実はバターがかかせませんよー。我が家では、夕食の一品になります。 これはお菓子ではなく間違いなくおかずです(笑) 是非じゃがいもバージョンもお試し下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

手作りシュークリーム

エクレールと一緒にシューア・ラ クレームも作ったんでした。講習はパンも作りお菓子も作りそれは大変でcoldsweats02ヘビーレッスンですε-(´∀`; ) シューとは今更ですが、キャベツを意味しますよね。エクレールの稲妻やシューがキャベツってよく改めて考えるとバラエティー豊かなネーミング由来だなあって思います。 シュー生地もエクレールの生地も同じように作るけど、最後の仕上げが変わるとまるで違うスイーツに感じます。兄弟スイーツsign02兄弟みたいなもんだわ。 変な例え(⌒-⌒; ) シューの中にはクレーム パティシェール(カスタードクリーム)とクリームシャンティ(生クリーム) の2段重ねです。トップはサブレ生地ものせてサクサク感も出しています。 旦那さまいわくこれはあっさりしたシューらしい?! 確かに甘さ控えめな気もする でも、私にはこの生クリームがあっさりしてるとは思えない。最近は生クリームあまり食べてないからかしら。 小さいけどしっかり胃にくるーcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

エクレール作り

エクレールそれは稲妻⚡️を意味します。私はいつもエクレアって言っていますが…。 これは買ってきたわけではありません。 JHBSで私が作った手作りエクレールでありますscissors クリームはこの3つを混ぜて作っています。 このクリームは美味しいんですよー。 クレームパティシェール(カスタードクリーム) クリームシャンティイ(生クリーム) トラブリカフェエキス(カフェモカ味?) 先日これを作った時、クリームを絞り入れる時でした。こんな絞る作業が意外と難しいと感じたのは私だけ?でしょうか…。 きちんとした量をたっぷり絞りたいのですが、なかなか注入出来なかったりと、意外と簡単そうな所で私は慌ててしまうことがありますcoldsweats01パンもお菓子作りもそうですが、レシピからは細かいポイントや注意か必要な点などは全く伝わってこないし、自分にとって苦手な所がわからないから、実際作って習うことが大事になってくることを実感します。何度も習っているエクレールですが、今回も又改めて1つ1つの工程を再確認できてお勉強になりました。 でも、いつもお菓子作りって難しいなあーって思います。私はまだまだまだまだですねbearing 最後に表面にフォンダンやチョコをつけますが、しっかり冷えてるとチョコが食べた時パリパリするので、特にそこが良かった気がしましたね。 我が家ではパリパリが好評heartでしたよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

JHBS今月のお菓子 2017.11

今日から12月だなんて、慌てちゃいませんか?本当に月日があっという間に過ぎていきます。今更ですが、もう冬なんですよね。雪がないと、なんだか私ピンとこないんです。まだ私の中ではちょっと寒い秋ぐらい?そんな感覚でございます。

11月のJHBSのお菓子(茶々茶)です。今月に間に合わなかった(;;;´Д`)すみません。

さてさてこの茶々茶ですが、4センチぐらいの円形で、おやきみたいな形です。抹茶の生地で白あんを包んでいます。こういうお菓子なんていうのかな?

カリカリにホットプレートを使って表裏をじっくり焼いています。生地が膨らんだ感じもなく餡に薄く生地が張り付いているぐらいです。卵白を使っているせいか、ちょっと甘い砂糖衣のいような?シャリっとした食感がありました。

見た感じは月餅にも少し似ていますでしょうか?ずっしりとした餡が入った焼き菓子です。

ちょっと今月のメニューは渋いお菓子だったわね・・・・。(;´д`)トホホ…

まあたまにはこんな月メニューもありますね~。

作り方は簡単なんですが、一つだけ表面に字を入れる時に、抹茶ペーストをペーパーコルネから薄く細く出して書かないと何を書いたかわからなくなってしまうので、そこだけ注意が必要です。普通に書いたら私失敗しちゃいました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

Pumpkin muffin

パンプキンマフィンが焼けました。あまーい香りがします。 北海道の白いかぼちゃを蒸して潰して入れています。雪化粧っていうかぼちゃです。皮の部分が白いからなんか不思議な気がするけれど、調理すると、普通の緑になるから更に不思議です。見た目の不安はどこへやら、味はすごーく良いかぼちゃです。どんな料理にしても、べちゃべちゃせずほっくりしていてなかなか美味しいんです。とても人気のかぼちゃらしいですよ~。
そんなかぼちゃを丸ごといただいたので、いろんなものを作りました。煮物はもちろん、かぼちゃの肉巻き、かぼちゃのコロッケ、あーそれでも使いきれない(⌒-⌒; ) 嬉しい悲鳴
それで、マフィンにもしてみることにしました。
以前JHBSのバナナケーキっていうのがあったので、そのレシピのバナナの部分をかぼちゃに変更して、作ってみました。あっくるみもヘーゼルナッツに変更しちゃった。
かぼちゃだから、生地の色も黄色になりおいしそ~。いい感じgood
昔買って使っていなかった金のアルミのカップや普通のマフィンカップも使ってみました。ちょっぴり雰囲気が変わります。
そもそもJHBSおススメのマフィンパンを持っていなーい。買ってないですしね(^-^;
ヘーゼルナッツを生地に加えたので、トップにアクセント飾ってみました。 アイシングにはかぼちゃに合うシナモンを入れてアメリカのドーナツにかかっていそうなアイシングしてみました~。
ちょっとでも、自分らしさを出したくなる( ´艸`)プププ
バナナケーキも良いけれど、かぼちゃケーキはどうかしら????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

フールセックとは???

 
Fours Secs
フールセックとは1口2口で食べられる焼き菓子のことを言うのですが、皆様ご存知でしょうか?
このようになんとなーくイメージは出来るけれど、きちんと説明できない言葉ってよくありますよね・・・。今回真面目に意味を考えてみました。
 
Fours・・・オーブン
Secs・・・乾いた  
なるほど~そういうことでしたか・・・・。
 
これはフランス語でございます。
 
では、クッキーとはどう違うの???このフールセックはクッキーって言ってしまえばクッキーでしょう(;''∀'')????
でも、フランスから来たお菓子だから、クッキーではなく正しくプチフールとかフールセックと覚えておくことにします。
 
アメリカだとこれってクッキーになるでしょうか? (´~`)。゜○  ふむー。
日本では呼び方が沢山存在してしまい、なんだか混乱です。
 
でも、やっぱり日本で一番使われていてわかりやすいのはクッキーじゃないでしょうか? 例えばですが、この焼き菓子を旦那さまにフールセック食べる?なんて聞いたら、何?フールセック?って聞かれそう。だから、私最初からクッキー焼いたんだけど食べる?って聞いたんですもん。 それって間違いなんでしょうか(⌒-⌒; ) 私にはわかりませ~ん。
 
さてさて最後にお菓子のご紹介ですが、JHBSでは、こんな素敵なフールセックを作ります。
3種類作ります。少し丸みのラインを付けたテュイル、花模様のロゼットショコラにはフランボワーズぺパンを挟みチョコでコーティングしています。川のデザインのリヴィエールはクーベルチョコとプラリネを絞り挟んで仕上げています。
結構一つ一つ手間がかかりますが、それだけに美味しいです。
 
アメリカのざっくりした大きいクッキーとは、全く違って繊細な食感であります。 なかなかこの手間を考えますと、何故かわかりませんが、これをクッキーと簡単に呼んではいけないような気もしてまいります(笑)ははは~(;;;´Д`)ゝ 
色々勝手な事言いましてすみません( ̄ω ̄;) スマヌ 
mamekoの独り言でした。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧