« 白金台にある人気のトラットリア | トップページ | バターフィセルが焼けました(^_^)v »

2017年11月 7日 (火)

フールセックとは???

 
Fours Secs
フールセックとは1口2口で食べられる焼き菓子のことを言うのですが、皆様ご存知でしょうか?
このようになんとなーくイメージは出来るけれど、きちんと説明できない言葉ってよくありますよね・・・。今回真面目に意味を考えてみました。
 
Fours・・・オーブン
Secs・・・乾いた  
なるほど~そういうことでしたか・・・・。
 
これはフランス語でございます。
 
では、クッキーとはどう違うの???このフールセックはクッキーって言ってしまえばクッキーでしょう(;''∀'')????
でも、フランスから来たお菓子だから、クッキーではなく正しくプチフールとかフールセックと覚えておくことにします。
 
アメリカだとこれってクッキーになるでしょうか? (´~`)。゜○  ふむー。
日本では呼び方が沢山存在してしまい、なんだか混乱です。
 
でも、やっぱり日本で一番使われていてわかりやすいのはクッキーじゃないでしょうか? 例えばですが、この焼き菓子を旦那さまにフールセック食べる?なんて聞いたら、何?フールセック?って聞かれそう。だから、私最初からクッキー焼いたんだけど食べる?って聞いたんですもん。 それって間違いなんでしょうか(⌒-⌒; ) 私にはわかりませ~ん。
 
さてさて最後にお菓子のご紹介ですが、JHBSでは、こんな素敵なフールセックを作ります。
3種類作ります。少し丸みのラインを付けたテュイル、花模様のロゼットショコラにはフランボワーズぺパンを挟みチョコでコーティングしています。川のデザインのリヴィエールはクーベルチョコとプラリネを絞り挟んで仕上げています。
結構一つ一つ手間がかかりますが、それだけに美味しいです。
 
アメリカのざっくりした大きいクッキーとは、全く違って繊細な食感であります。 なかなかこの手間を考えますと、何故かわかりませんが、これをクッキーと簡単に呼んではいけないような気もしてまいります(笑)ははは~(;;;´Д`)ゝ 
色々勝手な事言いましてすみません( ̄ω ̄;) スマヌ 
mamekoの独り言でした。
 
 
 
 
 

|

« 白金台にある人気のトラットリア | トップページ | バターフィセルが焼けました(^_^)v »

手作りお菓子たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フールセックとは???:

« 白金台にある人気のトラットリア | トップページ | バターフィセルが焼けました(^_^)v »