« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

JHBS今月の新メニューのパン 2017.11

 
JHBS今月11月の新メニューのパンは、フランボワーズぺパンとチョコを組み合わせたデニッシュです。 シンプルにChoko danishといいます。 チョコとベリー系(フランボワーズ)って合いますよね。中にはチョコのバトンブランジェを一本入れています。アーモンドのトッピングで食感もプラスしています。 割と小さ目ですが、満足感はありそうです。甘くて美味しいチョコデニッシュが焼きあがりました。 見た目も美しいheartです。 最後にナパージュでツヤツヤさせると更に見た目がゴウジャスdiamondになりました。 デニッシュって出来上がったらちょっぴりテンション上がるup気がするー。
 
 
ポイントはあまりクープは深く入れない方が綺麗に出来るそうです。チョコが見えるまでクープを入れない方がきれいに出来ます。出来るだけ浅めにお願いしまーす。でも、浅すぎても・・・・(^-^;問題ですけど、ほどよくお願いします。とのことです・・。
 
 
これは焼く前の画像です。焼く時と焼いた後2回に分けてフランボワーズぺパンをトッピングするので、フランボワーズのピンク色が綺麗ですよね。
あっ今気付いたけれど、私仕上げにトッピングシュガーかけるの忘れてましたcoldsweats01
食べる時にかけて~ですねbleah

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

スイスの焼き菓子

これはエンガディーヌというお菓子 文京区の向丘でひっそりと営業しているお店を発見しました。あまりネットでもほとんど情報が出まわってないお店です。 ベル洋菓子店です。 ここの一押し商品がこのエンガディーヌという焼き菓子であります。スイスのエンガディン渓谷地方に古くから伝わる代表的なお菓子です。 簡単に説明すると、くるみと生キャラメルをクッキー生地で挟んでいるような感じです。 店内は本当にシンプルでこだわりの焼き菓子が数種類並べられているだけなんです。すごくすごく気になる〜と思い、思いきって入ってみたんです。そこは店主の男性が1人で切り盛りしているようでした。なんだか不思議な空間にも思えるほど、シンプルなんです。 おススメのエンガディーヌを食べてみて、美味しいの一言でありました。余計な味が一切せず、シンプルな美味しさはまさに正統派なお菓子です。 なんだか誰も知らないお店を見つけた気がして嬉しくなります。 旦那さまもこのエンガディーヌには、絶賛でした❤︎ 間違いない美味しさです。 せっかくなので、ブログにアップしちゃいます。 スイスのお菓子エンガディーヌおススメですよー。 ベル洋菓子店を是非探してみて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

黒は白より身体に良い

 
お家パンはやっぱり白より黒にしたい・・・。
 
我が家ではお米だって白米だけじゃなく雑穀を混ぜたりして、随分身体には気を使っているつもりです。
うちの旦那さま最近知らなかったんだけれど、玄米おにぎりを時々食べるようにしているらしいの・・・。へーそれはえらーい、ちょっぴりびっくりしましたね(゚ー゚)sweat02
日々の小さな努力が嬉しいです。
だから、パンだって玄米粉を混ぜ黒ゴマを加え、旦那さまも喜んで食べてくれるようなもっちりとした健康食パンを焼きたいなあって思って作ってみました。
 
このパンは玄米粉をアルファー化させたものを生地に加えています。アルファー化させると、生地がもっちりしてしっとりして、甘みが出ると思います。
ひと手間ですが、美味しくなると思えば手間ではありません。
(小麦粉に熱湯を加えて澱粉化させます)
このアルファー化させた生地を混ぜると通常のパン以上にでんぷん糊化度を高めるためにもっちりするというわけです~。
 
一晩寝かせた方がもっと美味しかったかもしれないのに、アルファー生地を冷ましてすぐ焼いちゃったの・・・。待てなかったです(^-^;
私の電気オーブンも頑張ってくれています。しっかり予熱しておくと、ちゃんと良い感じの焼き色が付きます。
正直200℃以下で焼くことはあまりないかもしれません~。
電気の特徴はパン生地のしっとり感が残るということです。
ガスに負けないパンを焼くには、本当しっかり予熱ですね。そうすると短時間高温で焼け電気ならではの水分もしっかり残せます。私は250℃で予熱するんですが、時間もピーっ終了合図が鳴ってからも更にしっかりとるようにしています。
特にこのパンはアルファー化させたパンなので、焼き上がりは結構しっとり焼けました。
 
やっと私の電気オーブンですが、愛着も少々heart出てきたかな~。
最近東京も寒くなってきたので、パンが焼きたくなるモードになっています。
だから、色々考えながら美味しいパンを時々焼きたいです。
パンの種類はやはりヘルシー系でscissors
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

ローズベーカリーの甘いスイーツ

久しぶりに美味しかった~。ローズベーカリーのスイーツです。
結構しっかり甘いけれど、お味がとっても良いので大好きですheart
エスプレッソ&ウォールナッツケーキオレンジケーキを買ってみました。
ほろ苦いエスプレッソのスポンジの間に少し塩分を感じるバタークリームが濃厚でよく合います。
トップにかかっているアイシングはとっても甘いけれど、なんかこれが美味しいと思うんだから、困ってしまいます。
オレンジケーキは、めちゃめちゃしっとりしていて、これまた甘いです~。でも、美味しいもんだから何故か食べられちゃうんですよね~。
 
 
この2つを旦那さまと2人でシェアしたのですが、いつもになくカロリーが高かったようで、その後しばらくお腹が空かなかったです~。でも、時々これぐらい甘いスイーツを食べると、やっぱり元気が出る気がしますo(*^▽^*)o
旦那さまもローズベーカリーは美味しいからお気に入りです。でも、この甘さにもついてこれるレベルとは、我が家のスイーツおじは本物の甘党でございます。そんなことを再確認してしまいます( ´艸`)プププ 恐るべし
この甘さは間違いなく外国のスイーツです~。そこがたまらなく美味しいんですよねwink
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

Pumpkin muffin

パンプキンマフィンが焼けました。あまーい香りがします。 北海道の白いかぼちゃを蒸して潰して入れています。雪化粧っていうかぼちゃです。皮の部分が白いからなんか不思議な気がするけれど、調理すると、普通の緑になるから更に不思議です。見た目の不安はどこへやら、味はすごーく良いかぼちゃです。どんな料理にしても、べちゃべちゃせずほっくりしていてなかなか美味しいんです。とても人気のかぼちゃらしいですよ~。
そんなかぼちゃを丸ごといただいたので、いろんなものを作りました。煮物はもちろん、かぼちゃの肉巻き、かぼちゃのコロッケ、あーそれでも使いきれない(⌒-⌒; ) 嬉しい悲鳴
それで、マフィンにもしてみることにしました。
以前JHBSのバナナケーキっていうのがあったので、そのレシピのバナナの部分をかぼちゃに変更して、作ってみました。あっくるみもヘーゼルナッツに変更しちゃった。
かぼちゃだから、生地の色も黄色になりおいしそ~。いい感じgood
昔買って使っていなかった金のアルミのカップや普通のマフィンカップも使ってみました。ちょっぴり雰囲気が変わります。
そもそもJHBSおススメのマフィンパンを持っていなーい。買ってないですしね(^-^;
ヘーゼルナッツを生地に加えたので、トップにアクセント飾ってみました。 アイシングにはかぼちゃに合うシナモンを入れてアメリカのドーナツにかかっていそうなアイシングしてみました~。
ちょっとでも、自分らしさを出したくなる( ´艸`)プププ
バナナケーキも良いけれど、かぼちゃケーキはどうかしら????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

ソフトグレインを使ってパンを

JHBSで使用している材料にソフトグレインというものがあるのですが、1㎏パックを使い切るのには少々困ってしまいます。
(黒米、ライ麦、ハト麦、大麦、玄米5種類の雑穀とサワー種を一緒に加熱したもの)
 
 
このソフトグレインを使った食パンが気に入って何度か焼いたのですが、使い切れずに冷凍保存したまま、ずっと何に使えば良いのって思っていました。
そんなお悩みは私だけでしょうか?
 
ふと今日はそんな材料を使ってちょっと身体に良さそうなパンを焼いてみました。
フランスパン粉に玄米粉を加えまして、メイプルシロップで甘みをプラスしてみました。
 
自分の冷蔵庫と相談しながら自由にパンを焼いたりするのも、結構楽しいもんです。これこそ家庭のパンであります。焼き上がるまでどうなるか本当わからなくて、ドキドキします。もちろん食べてみるまでその緊張は続きますが・・・・・。
私の場合は成型も途中でやわらかさによって作りやすさを求めて変更することがよくあります。
今回も丸いパンに焼こうと思っていましたが、すっごく生地がやわらかくてだらんとしそうだったので、急遽シンぺル型を使うことにしました。シンぺルだと、形がきれいに焼き上がるから特にお気に入りの道具です。
 
 
mamekoの即席レシピはこちらになっていますdown
フランスパン用粉 270g
玄米粉        30g
ドライイースト    4.5g
メイプルシロップ  15g
ゲランドの塩     6g
モルトシロップ    1g
水           210g
ソフトグレイン    100g
 
 
材料は以上です。小さ目ですが、シンぺル2つ分です。
 
 
 
(mamekoメモpencil
 
ソフトグレインを100g使用しました。結構使えたかしら( ´艸`)プププ
発酵は60分発酵させた後パンチを入れてさらに30分ほど置きました。
分割すると1つが315gほどになります。
シンぺル型にはたっぷりの玄米粉をふっておきます。
私の場合現在電気オーブンなので、仕上げ発酵はスチーム発酵30℃で15分発酵させて、あとは予熱が終わるまでは、オーブンから出して室温で放置です。電気の予熱は250℃と高めにセットアップしておきます。
 
 
焼成温度は250℃で13分ほど焼きまして、パンの焼き色を確認eyeしっかり焼き色が付いてきていたので、210℃に下げて7分で焼き上げました。全部で20分でしっかり焼き目が付いた感じです。
オーブンに入れる際には、霧吹きをたっぷりかけて焼いてます。
ガスだと250℃で予熱しておいて200℃で20分でどうかなって思います。
 
 
 
 
バリっと焼けるとなんだか嬉しくて気分が良いヽ(*≧ε≦*)φ
 
 
 
 
切って断面確認しま~す。結構ハードに焼けましたが中はしっとり柔らかいです。
 
 
 
 
これは美味しそうに焼けた予感がします╰(*´︶`*)╯♡
 
ソフトグレインを使うと、5種類の雑穀のうまみが入っているので、生地自体を前日から寝かせなくても十分美味しいパンが焼けるのではないかと思います。
即席でも、寝かせたようなパンが焼けたらなあって思って作ってみました。
消費に困ったら是非こんなパンもいかがでしょうか??
トーストして食べてみましたが、外側のざっくり感を楽しめました。そして、水分多めのしっとりした中生地も良かった気がします。ソフトグレインのおかげです。旦那さまにも美味しく出来ているよって褒めてもらえました~。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙やった~scissors
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

バターフィセルが焼けました(^_^)v

 
焼き上がりにバターをたっぷり絞ると、ジュワーってパンに浸透して、ツヤツヤなフランスパンになります。
これJHBSのレシピにあるバターフィセルを焼いたのですが、私のはどう見てもフィセルではなく太さからいうとバタールでしょうか(⌒-⌒; )??それも短いバタールね!
でも、紐のようなフィセルより太めのバタールが結構私は好きです。バタールをあえて選んで買います。
中の生地(クラム)も最大限楽しみたいからです。
JHBSのバターフィセルは、寝かせていない生地なので、とってもシンプルで軽い味です。なので、チーズをのせてトーストにして食べると美味しいです。大概私はチーズでうまみをプラスしちゃいます(๑˃̵ᴗ˂̵) ・・・。
そのままシンプルに食べると、少しパン生地の旨味の部分が物足りない気がするからです。熟成発酵した生地ではないので、家庭の味としては、まずまず合格なんでしょうけどね。 フランスパンが大好きな旦那さまからは、美味しいよー。家庭的な庶民派フランスだね。って(ーー;)それ って褒められたの?ダメ出しされたの?多分褒められてはいない気がする(。-∀-)sweat02 まあ、いつも買う有名店のバゲッドに叶うはずもないから、フランスパンに関しては、ショックも受けない私です。
私はフランスパンをいつもお店で買ってしまいます。本格的なバケットは本気で買った方が早いんじゃない?って思ってしまいます(笑)ははは 
家庭で焼くバケットは永遠の課題です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

フールセックとは???

 
Fours Secs
フールセックとは1口2口で食べられる焼き菓子のことを言うのですが、皆様ご存知でしょうか?
このようになんとなーくイメージは出来るけれど、きちんと説明できない言葉ってよくありますよね・・・。今回真面目に意味を考えてみました。
 
Fours・・・オーブン
Secs・・・乾いた  
なるほど~そういうことでしたか・・・・。
 
これはフランス語でございます。
 
では、クッキーとはどう違うの???このフールセックはクッキーって言ってしまえばクッキーでしょう(;''∀'')????
でも、フランスから来たお菓子だから、クッキーではなく正しくプチフールとかフールセックと覚えておくことにします。
 
アメリカだとこれってクッキーになるでしょうか? (´~`)。゜○  ふむー。
日本では呼び方が沢山存在してしまい、なんだか混乱です。
 
でも、やっぱり日本で一番使われていてわかりやすいのはクッキーじゃないでしょうか? 例えばですが、この焼き菓子を旦那さまにフールセック食べる?なんて聞いたら、何?フールセック?って聞かれそう。だから、私最初からクッキー焼いたんだけど食べる?って聞いたんですもん。 それって間違いなんでしょうか(⌒-⌒; ) 私にはわかりませ~ん。
 
さてさて最後にお菓子のご紹介ですが、JHBSでは、こんな素敵なフールセックを作ります。
3種類作ります。少し丸みのラインを付けたテュイル、花模様のロゼットショコラにはフランボワーズぺパンを挟みチョコでコーティングしています。川のデザインのリヴィエールはクーベルチョコとプラリネを絞り挟んで仕上げています。
結構一つ一つ手間がかかりますが、それだけに美味しいです。
 
アメリカのざっくりした大きいクッキーとは、全く違って繊細な食感であります。 なかなかこの手間を考えますと、何故かわかりませんが、これをクッキーと簡単に呼んではいけないような気もしてまいります(笑)ははは~(;;;´Д`)ゝ 
色々勝手な事言いましてすみません( ̄ω ̄;) スマヌ 
mamekoの独り言でした。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

白金台にある人気のトラットリア

 
白金台に素敵なトラットリアがありました。
旦那さまおススメのお店ということで、とても楽しみにしていたんです。
せっかくなので、イタリアン好きな妹も誘って3人で行ってきましたよ~wineわくわく lovely
当然予約して行きましたが、とても人気があるらしく気付いたらお席はびっしり埋まってしまっていました。お店の雰囲気が抜群に良くて、ここはイタリア?って思ってしまう感じがありました。接客の方がまたフレンドリーで(笑)すごいんです。
まずは食前酒プロセッコで乾杯🥂しました。ライトな口当たりが大好きです。
 
 
 
 
今回感動した一品は ブッラータです。 フレッシュ感がすごいんですよね。 チーズをカットした途端、中からフレッシュなクリームが流れ出てきます。そのクリームと添えられたルッコラサラダやトマトとオリーブオイルと一緒に食べると、まあ美味しい!!なんてぐらいじゃありません。
ワンダホー(((o(*゚▽゚*)o)))♡
あー びっくりした。
私今の今まで食べたことなかったものでcoldsweats01こんな美味しいチーズを知らないのは私だけ…。知らなくて損した気分です。
今まで知らないのもお恥ずかしいレベルかもしれませんが( ̄◇ ̄;) ???
今回出会えて良かったです。私の大好物チーズに一気にランクインdiamond上位です。
 
 
お店の方にサルシッチャに合うワインに、ロゼワインをすすめてもらったのですが、本当美味しくて・・・・。完璧なマリアージュheart
美味しいバランスだと余計に会話が盛り上がってしまいますね。
 
 
こちらはローマの郷土料理がいただけるお店なので、もちろんカルボナーラをオーダーしたのですが、オレンジ色のカルボナーラが出てきて、またまた驚いてしまいました。
日本のカルボナーラとは別物で、卵黄の色が全体に広がって本当に濃厚なパスタでしたね。パスタの食感も抜群です。
 
 
素敵なお店で美味しいお料理とワインをいただけて、幸せ~゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

フランスパンの発祥

 
東京の江戸川橋から少し歩くと目白坂に関口フランスパンがあります。
120年前日本でフランスパンがここから広まったと言われているお店です。 先日横浜の食パン発祥のお店ウチキベーカリーのイングランドを食べてから、日本のフランスパンのことも知りたくなりました。
旦那さまにも付き合ってもらい、久しぶりに天気が良いので、朝からお散歩がてら行ってみました。休日の朝ということもあったのか?結構賑わっていましたね~。みんな朝食にパンを食べにきているみたいです。
色々なパンが売られていましたが、ここはやはりバゲットを食べなくてはいけません。さすがにバゲットが有名なだけあり、バゲットのサンドウィッチが数種類ありましたが、私たちは、卵とハムのバゲットサンドにしてみました。 イートインコーナーでバゲットサンドを食べてみましたが、正直美味しかったです。
パンはすごく食べやすい日本人が好きなフランスパンですね。サンドにした時にフィリングとのバランスが良くて、外側のカリッと感も程よくあり、中のしっとりしたフランスパンの生地が卵やハムといい感じに馴染んでくれて、とても美味しかったです。
私が思うにこれはジャパニーズバゲットサンドです。 340円でこのサンドはなかなか嬉しいお値段でok
朝からバゲットは売り切れてしまって、次の焼き上がりが10時30分過ぎということで、私は買うことを断念しましたが、なんだかちょっぴり残念でした。せっかく来たのにcoldsweats01パンが買えないなんて…。
食べやすくてみんなに喜ばれそうなフランスパンに、またまた歴史を感じさせていただぎした。
昔から変わらぬ味を守り続けることに感激いたします。
ウチキベーカリもそうですが、長年愛されるパンとは、とにかくシンプルな味であることが絶対条件かもしれません。 関口フランスパンでは、菓子パンなど色々なパンが売られていますが、おススメは間違いなくフランスパンでしょうね。
最近では海外から来た有名店の美味しいバケッドなど、もちろん最高の味だと思いますが、また違った美味しさがここにはあるような気がします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

中華街で食べ歩き

横浜中華街で、大雨の中食べ歩きって本当どうなるのって思っちゃった。
 
もうべちゃべちゃですよ~。こんな時に誰もいないんじゃない?って思うけれど、観光客の方たちは雨降ったからって予定していた中華街を行くのをやめたりしないでしょう?ずぶ濡れになりながら結構いますいますcoldsweats01
そんな中、私たちも雨にも負けずに頑張りました。
 
上海小籠包専門店(鵬天閣)の熱々の焼き小籠包は、カリカリに焼かれた小籠包の中から肉汁がじゅわっと出てきて美味しいです。火傷しそうになりました(⌒-⌒; ) 焼いた小籠包ってちょっと肉汁たっぷりの餃子みたいです。
みんなお店の前で食べてましたね。
そのあと、江戸清の肉まんも食べてみました。肉まんの具の味がそんなに濃くないので、なかなかお味が良かったです。でも、肉まんって結構高い気がしました。1つ500円diamondそんなお値段でしたかね? 確かにサイズはBIGサイズでした。
 
スイーツは紅棉でココナッツの焼き菓子(イエター)とエッグタルト(タンター)を買ってみました。 雨の中だとこれだけでもなんだか大変ですraintyphoonraincoldsweats01sweat01 でも、そんな中食べたイエターがめちゃくちゃ美味しかったです。あまりないスイーツなのでおススメだと思います。 一番人気のエッグタルトは、中の卵液が少し固めのプリンみたいな食感で、いつも食べるエッグタルトとは少し違ってましたね。
中華街で、美味しい中華をゆっくり食べられたら良かったのですが、時間がなかったので、食べ歩きで終わってしまいましたが、結構雰囲気楽しめました。 雨が降ってなかったらどんなに良かったことでしょうか(/ _ ; ) ぐすん
でも、待たずに買えたのは、もしかして雨のおかげかもしれません。天気が良い日だと人気店は並ぶでしょうからね・・・・。
毎週週末は雨ばかり降るので、明日からの3連休は絶対に晴れて欲しいsun
お願いしま~す。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

オーガニックのパンecomo Bakery 

横浜の元町で見つけたecomoBakerydiamondでしたが、あとで知りましたが、湘南から来たお店で元町は2号店だったようです。そんな人気店はオーガニックにこだわったカフェになっていました。
パン屋さんなの?ケーキ屋さん?それともコーヒーショップ?そんな感じのお店です。
元町プラザ2階のわかりやすいところにありました。 せっかくなので、やはりバゲットを購入してみることにしました。
でも、ecomoさんのバゲットは一味違いました。 クープがないバゲットですeye 有機小麦の道産(ホクシン)小麦を使用し、全ての材料にこだわっています。
少しずっしりしていて、普通のバゲットとは全然違います。とても良質なお味がします。酵母の香りもありますけど、噛めば噛むほど粉の味を楽しめるような玄米おにぎり(・・?)??のようななパンであります。 とにかく身体に良さそうなパンなんですよね。
横浜パン屋さん巡りも3店が精一杯です。これ以上は持って帰れませんねε-(´∀`; )ついつい買いだめしてしまいましたが、あっという間に食べちゃいそうです。
それぐらい魅力的なパン屋さんが横浜にありました。さすが横浜〜楽しかった~ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
若干旅行気分
パン以外にもクッキー類が売られていまして、美味しそうだったので、有機黒こしょうとチーズのサブレとクロッカンを買ってみました。 私の夜のお楽しみwineワインとクッキーnight 素材が良いことが伝わってきます。
旦那さまがいない時一人で飲むのです( ̄ー+ ̄)ニヤニヤ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »