« スムージーが美味しい季節に | トップページ | ハード系なのに甘いパン »

2017年6月 9日 (金)

湿度を味方にして美味しいパンを




久しぶりに焼いたパンは、やはりお豆を使います。
最近甘くない蒸した黒豆が気軽に買えるので、それを使います。

少しだけ刻んで入れると、黒豆なのかハッキリとはわからない仕上がりです。ゴロゴロというよりパン生地に馴染んだ感じです。


mamekoの健康パンの完成です。

東京梅雨になり?湿度が上がってきてます。
梅雨に入ったと言ってますが、さほど??ジメジメしてませんが、パンは正直です。繊細です。

普通にレシピ通り仕込み水を入れたら、いつもより明らかに多かった。入れすぎ?と焦りましたが、もちろんそのまま仕込みました。私は水分多めのパンが好きです。多めの方がパンはしっとり美味しく焼ける♡
ベタベタするけど、作る時少し頑張れば良い!

でも、東京でパンを焼くのは、これから暑いから難しいです。最近はパンを焼かずに、買ってばかりで…。

パン作り鈍りそうですcoldsweats01

いえいえ、鈍ってます。

久しぶりにパン焼いたの?
って家に帰ってきた旦那さまに声をかけられたぐらいです。

パンの香りでわかるみたい

最近全くパン焼いた香りはしてなかったみたいね。





電気オーブンで普通に焼いても表面って少し割れるのね〜。今回は高温250℃で入れた時に少し霧吹きしてみたの。
蒸気焼成みたいに
全部で230℃で35分焼いたら、焼き色もそれなりです。


過熱水蒸気で焼くよりは、焼き目も付きやすいから、簡単にパリっとさせたい時には、この霧吹きはラクですね。
そして、電気オーブンで焼くと中の生地が柔らかでソフト、しっとり焼きあがるから、なんか最近電気パンに口が慣れてきたかもしれません。

ガスオーブンのパンのこと忘れてきてる(・・;)





このパン食パンなのに、JHBSの菓子パン用の粉で焼いたんです。たまたまそれしかなかったからですが、食パン用粉よりグルテンが少ないから伸びないかと思ったけど、まずまずの膨らみで、むしろ丁度良かった気がします。食パン用だと高さが出過ぎてしまうからね。
粉の種類で、焼き上がりが全然変わってきてしまうわけです。

もう一つこの梅雨の季節は湿度を利用すると、しっとりとした水分たっぷりなパンが焼けます。冬の暖房の効いた乾燥したお部屋では、絶対に作れないようなパンです。


そんな改めてパン作りでの当たり前のことを実感するmamekoです。














|

« スムージーが美味しい季節に | トップページ | ハード系なのに甘いパン »

手作りパン(イースト編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1714894/70801187

この記事へのトラックバック一覧です: 湿度を味方にして美味しいパンを:

« スムージーが美味しい季節に | トップページ | ハード系なのに甘いパン »