« JHBSの今月のお菓子 2017.2 | トップページ | バターの香りが凄いんです »

2017年2月27日 (月)

五穀食パンを焼いてみます



JHBSの1月のメニューの五穀食パンを焼いてみました。
 
でも、違う型を使って作ってみましたよ~。中型パンケースと、パウンド型です。
新しい2斤型はもちろんですが、古いのも無かったもので(゚ー゚;
レシピ通りこねるとこの2つが出来ます。これはこれでOKでしょう???
 
 
 
2斤型と全く同じように型に4つずつ入れて発酵です~。
 
 
 
30分ぐらいでこのぐらい膨らみました。二つ同時進行です~。
 
 
 
いつもよりわざと発酵時間長めにしています。サンドウィッチを作るパンにするにはホワイトラインを出さないぐらい正方形になっていた方が良いので、結構ぎりぎりまで発酵させてフタをしめましたよ~。
 
 
 
とは言いながらも、焼き上がってフタを開けると、ちょっとパンパンになり過ぎてしまいました。フタが開かないんじゃないかと焦ったぐらい
危ない危ないぎりぎりセーフ(;;;´Д`)
 



パウンド型の方は生地量に少し余裕がありましたので、ほど良いバランスで焼けました。
フタをしないので、ふんわりと焼き上がりますね。
私はこの小さいパウンド型がとっても気に入っているの。とっても焼きやすい上に食べやすい大きさでもあります。
 
  
焼き温度について
 
今回220℃で予熱しておいたのですが、パンを入れ220℃で焼いていたら、温度計は170℃以下になってきたので、温度を240℃に上げて焼きました。そうすると、温度が焼いている間180℃から190℃をマーク、これ以上は上がらないように230℃にしたりして調整して焼きました。 全然目が離せないわね(;´д`)トホホ…
 
最後パンを取り出した時も温度庫内が190℃であることを確認(上の写真)
 
完璧です(v^ー゜)
 
オーブンのデジタル表示ではなく温度計を頼りにして焼くことで、焼き色も美味しそうですし、少し満足する焼き上がりになってきたような気がします。
庫内の温度計は電気オーブンにはあった方がやっぱり良いかもしれません。
無いとちゃんと焼けているかわかりづらくて不安になりそうです。
毎回ドキドキしながら焼いています。まだまだ私電気オーブンの前から目が離せません。
今回温度設定がうまくいったので、パン自体もとっても美味しく焼き上がりました。
美味しく焼けると本当嬉しい(v^ー゜)
サンドウィッチも良いけれど、もっちりしている生地だから、トーストしてカリッとさせるのも、とってもおススメな食パンです。
朝からこのパン美味しいねって旦那さまに言われると、元気でる~゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

|

« JHBSの今月のお菓子 2017.2 | トップページ | バターの香りが凄いんです »

手作りパン(イースト編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五穀食パンを焼いてみます:

« JHBSの今月のお菓子 2017.2 | トップページ | バターの香りが凄いんです »