« 北海道のとうもろこし | トップページ | チャバタが焼けた~ »

2015年8月25日 (火)

トラスパレンテのチャバタにTRY

先日のトラスパレンテのナチュラーレ、やはり美味しかった…。
私には少し甘いくらいのパンですが、生地感がとっても良い感じなの。

かなり気に入ったのはココナッツオイルをかけて食べることです・・・・。

パンの甘味がココナッツにプラスされて丁度美味しい甘さになるの。

ココナッツオイルって香りは甘いけれど、甘いものではないので、いつも砂糖をプラスしてトーストに塗ったりしていました。その砂糖が無くても美味しかったんです。

ココナッツオイルが特に合うパンっていうのもあったのかなって思ってしまいました。

ココナッツオイル最近又買ったんですよね~ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ 

ナチュラーレに付けて食べると美味しいから買っておいて良かった( ´艸`)プププ

ということで、今回はトラスパレンテ続編を早速お伝えすることにしました。

意外と最近ヤル気があるみたい。すっかり札幌涼しいんですもん。

もう夏は終わりましたねヾ(´ε`*)ゝ パンが焼けるようになってmamekoとしては良かったです。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

それではチャバタ作りです。なんとなく気付いた事をお伝え出来たらと思います。

まず前日にこねて、冷蔵庫で18時間ほど寝かせています。

強力粉500g 塩11g モルト2g 水350g イースト1g  w(゚o゚)wこれだけ

ちなみに本は粉の種類の限定やモルトは溶液を使用しています。

ということでmamekoなりにシンプルレシピに変更

生地はパットに広げて冷蔵庫に入れて(ビニールをかけておきましょう)

作る前に常温に出しておいたら、写真のようにパット一杯にあっという間に膨らんでしまいますι(´Д`υ)アセアセ

本に常温30分って書いてあったけれど、割と生地がしまっていたからと思って、1時間置いちゃったのよね・・・・。そうしたら、ふんわりしすぎて作りづらかったです。

チャバタはカットしただけで、最終発酵(20分)させるので、カットする時は発酵が進み過ぎていない方が良かったと思います。冷たい状態でパットから出して、カットしやすい状態のところに取り出しておくと作りやすかったと思います(作りながらそう思いました)遅

それに本は70gのチャバタ?ってとっても小さいチャバタなんですもん。

そんなにカット出来なかったから、少し大き目です。

色々と流で変ってしまったところもありますが、なんとか最後まで焼いてみたいと思います。

本によるとオリーブオイルを塗りお塩をふって焼きます。フムフム

私のチャバタは作る際にオリーブオイルを使って表面はそのまま焼くタイプなので、いつものチャバタとはちょっと違うから(*゚ー゚*)わくわくする~。

どんな違いがあるのか楽しみです。いつものパターンで焼いたものも参考までに作ってみました。

違いを比べてみたいので・・・。

Image

生地はものすごーくやわらかいので、扱いは丁寧にしなくてはいけませんね。

こうなると本のように70gで小さく作る方が失敗しづらいですね。

次回は70gで焼いてみることにします。

大きいと、色々と難しい場面もありました。特に生地を鉄板に移す時とかは要注意ですね。

崩さないように優しくソフトにおいて下さいね~。

それではオーブンへ 行ってらっしゃ~い(○゜ε゜○)ノ~~

200℃で13分から15分ぐらい焼こうと思います。

ということで、今日もこの辺で失礼しま~す。

ブログばかりやっていると、主婦業が疎かになるもので(笑)プププ

良かったら、明日焼き上がりを見てもらえたら嬉しいです♥

なんだかこの本はとっても勉強になる本だわね・・・。

ちょっぴりTRYしてみませんか~???楽しいですよ~。

Image

           GOOD!

|

« 北海道のとうもろこし | トップページ | チャバタが焼けた~ »

手作りパン(イースト編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラスパレンテのチャバタにTRY:

« 北海道のとうもろこし | トップページ | チャバタが焼けた~ »