« お塩忘れて無塩リュスティック? | トップページ | JHBS今月の新メニュー 2014.12 »

2014年12月15日 (月)

ロールパン

Image_3

ロールパンってパンの元祖さま

私にとって幼い頃お世話になった懐かしいパンでもあります。

ロールパンで作るサンドは今でも好きかもしれません。最近食べてなかったですけどね。

新しいパン屋さんでもみかけます。

昔からの定番パンとして・・・・。

地味に売れるということなのでしょうか?

やはり元祖さまなのか?

パンをはじめた頃に必ずトライするのは、ロールパンです。

JHBでも、もちろん初級レシピです。

しかし、意外にも難しいパンということは、ご存知でしょうか?

パン作り初心者じゃなくなっても、そんな思いが皆さんの中にあるのではないかと(・・?)

綺麗で美しい巻き巻きを作るのはなかなか難しいのであります。

ロールパンって簡単なパン・・・・。そんな立ち位置が又やっかいであります。

今回久しぶりに練習で焼くことになったわけですが、改めてこの奥深さに気付かされることになります。それに微妙なバランスなんかも忘れてたりして・・・・。

三段綺麗に出るように、生地をしっかり伸ばさないといけません。しかし、無謀にも伸ばせば良いということではありません。最初ふわっと残りしっかり

パン生地が平らになり過ぎると、ふっくらとしたあのフォルムに影響が及び、結果美味しいパンが焼けないのです。だからと言って、伸ばしを緩めれば途端に不恰好なロールパンにしかならなかったり・・・・・。色々です。

微妙な力加減が大事です。ポイントは伸ばす加減に巻きの加減です

出来上がりは約8㎝あるとバランス良くきれいです。それ以上でもそれ以下でも

これは、過去に何個成型したかわからない私ですが、いつも毎回思うことであります。

作ったことある方は大体この苦労を知っているはずです。

そんなロールパンですが、私の好きなところは、発酵する前のあの三段に巻かれて形が出来た瞬間です。ちょっと団子みたいにころんとしています。

何故か私は、そのフォルムに顔がほころびそうになります(* ̄ー ̄*)
パンの赤ちゃんみたい…。Image_4

何を言いたいかは自分でもわかりませんが、そんな可愛さを感じます。

焼いてしまうと、そんなに ^_^; 

私の思い出として、小さい頃に母が作ってくれたロールパンが嬉しくて、焼ける前の生地からずっと見ていました。そんな時代もあったのね(゚ー゚)

あの時のパンの香りは今でも、忘れずに脳に残ってます。今思い出すと数えるほどしかパン作りしてなかった母でしたが、いっ時でも、パンを焼いてくれていた事、今では大感謝かもしれません。
こんなにパン好きになりました (´,_ゝ`)プッ 笑

話は変わりますが、母が使っていた麺棒やスケッパー、今も大切に使い続けてます。

あっ食パンの型もでした!

よく考えると一生使える道具ですよね。とにかく頑丈

まさかこれほどまでに大事に使えるものとして、母が購入したわけもなく・・・・。

誰もがそこまでは考えてない気がします。

しかし、これから先何十年使っても、おそらく壊れることはないでしょう。

母にもまだ使っていることを伝えておかなくちゃ・・・。びっくりするかな~

これからも大事に使いたいと思います。

そんな昔ながらのロールパンを皆さんはお好きですか?

うちの旦那さまはロールパン好きなのかな?

好きなような気もするけれど、そうでもないような・・・・

一緒にいても、わからないことだらけだわ・・・・(@Д@;????

|

« お塩忘れて無塩リュスティック? | トップページ | JHBS今月の新メニュー 2014.12 »

手作りパン(イースト編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロールパン:

« お塩忘れて無塩リュスティック? | トップページ | JHBS今月の新メニュー 2014.12 »