« カマンベールの平焼きパン | トップページ | シュトーレン »

2013年12月16日 (月)

シャルロット・オ・フリュイ

Cimg6547

今日のケーキは、JHBSのシャルロット・オ・フリュイです。

18世紀末、貴婦人たちがかぶっていた縁飾りのついた帽子をイメージして作られたケーキなんですね。

そう言われますと、確かにお帽子に見えるような気もします???

ケーキのレッスンを本日受講して参りました(@Д@; 相変わらず難しいわね・・・。

あ~くたくたです(;;;´Д`)ゝ

でも、出来上がりを見ると少しばかり嬉しいです。今日も朝から頑張った~って思わず心の中でつぶやきます。

このケーキの周りはビスキュイの生地で中にババロアをたっぷり流し込んでいます。とろとろすぎて、出来立ては崩れてしまうので、しっかり冷やしていただきたいものですね。

試食のケーキは出来立てすぎて、切れないでしょう?もうとっても可哀そうな姿になっていまして、配られている姿を見て少し悲しくなります(u_u。)

つくづく私が思うのは、ただ美味しいから満足じゃなくて、美しいケーキをまず見て楽しんで、それから自らフォークを入れる瞬間を楽しんで、それからケーキをお口の中に入れる瞬間が最高に嬉しい瞬間です。こんな一連の流れが全部そろって私ははじめて美味しく感じるのかなってつくづく思ってしまいました。

これってケーキだけのことではなくって食べ物すべてにおいてそんな風に考えちゃうんです。盛り付けとか彩とか・・・・。

でも、キレイなケーキを作るって本当に技術が必要です。今日のケーキだって全体のバランスを考えながら最後成形していくのですが、オレンジやグレープフルーツ1つカットするのだって難しいでしょう?美しく飾るとなると、途端に美しさが求められてしまうということを・・・。学びます 今日はとってもきれいにカットしてくれた一緒のメンバーに感謝しちゃいます。

私も日頃からもっと、練習しておこうって・・・・。思います。

だから、洋菓子は私にとってすべてのお料理の訓練につながる修業みたいなもんです。

こんな大変な作業が簡単に出来るようになれば、どんなお料理だって出来ちゃうような気持ちにさえしてくれます。

それぐらい私にはハードルが高いのでした・・・・。

|

« カマンベールの平焼きパン | トップページ | シュトーレン »

手作りお菓子たち」カテゴリの記事

コメント

今日も!お疲れさまでした(* ̄0 ̄)ノ
いつ見てもmameko様のケーキは美しいわね〜。私は家に帰ってケーキ取り出したら液状化現象が起きててびっくり。もう、丼に入れて匙でいただくって感じの残念な食べ物に変身してました………(;д;)数々の高価な材料たち、ごめ〜ん。
私もmameko先生のように美しくケーキ作れるようにがんばろーっと。

投稿: 猛獣キッチャ店主 | 2013年12月16日 (月) 17時39分

猛獣キッチャ店主様

本当お疲れ様です~。コメントもありがとうヽ(´▽`)/
ケーキって本当色々と大変
きれいに作るのにいつも必至です。
でも、なかなか思うようにいかないです~。
お持ち帰りするときに、ババロアがとろけてきちゃったんでしょう??
しっかり冷やさないといけないケーキランキングに入れておきます。
あ~ケーキは買って食べたい・・・。
でも、なぜか頑張ってしまう(;´д`)トホホ…
この繰り返し


投稿: mameko | 2013年12月17日 (火) 15時17分

綺麗なケーキですね~
私もがんばらなくちゃ!

投稿: ネモ | 2013年12月18日 (水) 20時47分

ネモさんへ

キレイなケーキに見える???
嬉しいです。
ありがとうございます o(_ _)oペコッ
本当美しく作るのって大変ですよね。
ネモさんのケーキも見たいです・・・。

投稿: mameko | 2013年12月18日 (水) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャルロット・オ・フリュイ:

« カマンベールの平焼きパン | トップページ | シュトーレン »