« mameko bread ハンコ | トップページ | プルマンブレッドは永遠 »

2013年4月16日 (火)

Fours secs★フール・セック

Fours secs ちょっとオシャレなお菓子

窯オーブンで乾燥させたという意味があり、ひと口、ふた口で食べられるお菓子なんですって・・・(´~`)。フムフム

昨日はこちらのJHBS講習会へ行き頑張って作ってきましたので、ちょっぴりご紹介です。

ここで、素朴な疑問?クッキーと言ってはいけないのでしょうか?

まさかそんな質問は出来ませんでした(゚ー゚;

こう考えるとクッキーとはアメリカのダイナミックなチョコチップクッキーとかナッツがごりごり入っているものを指している?

イギリスではビスケットフランスではサブレ

では日本は???やっぱりわからぬ・・・。日本にはクッキーもサブレもビスケットも、なんでもあるでしょう

フールセックの詰め合わせと聞くと、普通にイメージ出来ていたけれど、色々考えると知らないことばかりで・・・。困っちゃう~。

Cimg4561

上からリヴィエール★ミルクチョコとアーモンドプラリネのペーストをサンド

中央はロゼット・ショコラ★ フランボアーズをサンドしてチョコで一部コーティング

手前はチュイル★

どれもとっても丁寧に作っています。大胆に作るアメリカのクッキーとは大違いです。

クッキーと思って作るとあれめちゃくちゃ難しいよ~(;´▽`A``

Cimg4563
アップだとあまり上手じゃないのがバレバレです美しく作るのって本当に技術がいるのよね。パティシェさんって本当に尊敬しま~す。

Cimg4566
これは良くみるタイプだったけれど、自分で作ったことはなかったです・・・。

薄ーく焼いて、オーブンから出したらすぐに丸みをつけるとこうなります。

ちょっと繊細すぎ???

でも、とっても美味しいから罪なチュイル

昨日はこの3種類を焼くのに体力を使いすぎて、へとへとでございました。

パンと違ってどうしても変な力が入ってしまうのよね~。

でも、無事に今回の講習も終えてほっとしました┐(´-`)┌ふ~

永遠にmamekoの修業は続きそうです

|

« mameko bread ハンコ | トップページ | プルマンブレッドは永遠 »

手作りお菓子たち」カテゴリの記事

コメント

キレイな焼き上がりですね。
チュイール、すご~い昔、作ってみたことがありましたが、繊細な作業が大変で、それが最初で最後になってしまいました

基本的にどれも同じみたいですよ。
私は素人なので、はっきりとはわかりませんが、『フールセック』はフランス語(完全に乾いたお菓子の総称なんですね?)、サブレもフランス語(サブレ地方で焼かれていたお菓子という説あり)、クッキーは英語で、ビスケットはフランス語のビスキュイがイギリス経由で『ビスケット』に変化したとか・・・。
但し、JAS規格で、ビスケットとクッキーには油分の定義があるみたいですけど・・・。(調べると色々ヒットして面白いです
ここからは、私の個人的な考えですが・・・
多分、元は殆ど同じようなお菓子なのではないでしょうか?
(バターなどの油脂・粉・砂糖・卵などの当分を使って焼いたお菓子)
それが、日本に伝わった時にそれぞれ違うもののように受け入れた・・・と・・・。
日本語では外来語を受け入れる時によく、そういうことが起きるんです。
よく知られた例が『カード』と『カルタ』と『カルテ』。

すみません・・・コトバのことを考えるのが好きなので・・・思わず・・・。

でもやっぱり、鳩サブレは鳩クッキーじゃないし(笑)、フランス菓子を見て『クッキー』って言うと、ピンと来ないですよね(笑)

投稿: ai | 2013年4月16日 (火) 14時24分

aiさんへ

こんな回答がないような疑問にたっぷりお答えいただいちゃって・・・・すみません。
本当に日本に入ってくると言葉がおかしなことになるんですよね。
日本はその定義をいろいろ作り上げるから、なお複雑化してきちゃうんですよね。
だから、私はなんでも、クッキーでいいことにしていますそれも大胆?
アメリカのクッキーは間違いなくクッキーですよね。
日本人はどんなものにも対応する国なのでしょうか?
本当に言葉っておもしろいです。
aiさんは言葉好きなんですね。
鳩サブレは鳩とサブレを分けることができないほど、鳩サブレが1つの言葉になってしまっている気がします。
それだけ有名ってことで、このサブレ実はすごい商品かも
チュイール作ったことありましたか?
急いてやわらかいうちにささっと丸みをつけるときれいに出来ました。この三つだとチュイールが一番作りやすかったかしら?
またチャレンジしてみようと思います。

投稿: mameko | 2013年4月16日 (火) 15時42分

チュイル、すごく懐かしい~っ
とってもキレイに焼き色がついていて美味しそうです!
これ、全体に焼き色をつけ過ぎてしまってもダメだし、色がつかなくても香ばしさがないし…。中心の方は少し白い感じそうそう!久々に思いだしました(笑)
イルプルーではコンパウンドオレンジというオレンジペーストを少量入れているんです。
そうするとオレンジの風味が香ってとってもお上品な感じに仕上がります
すごく美味しいお菓子なのに、湿気に弱かったり破損しやすいのでなかなか発送でのプレゼントには向かなかったりするんですよね…。
何だか久々に本気で色々と作りたい気分になりました。
あっ、気分だけで
今何だかテンション上がってなぜだかちょっとウキウキな感じです♡
やっぱりお菓子って幸せな気持ちになりますね~。
mamekoさ~んありがと~

投稿: ミー | 2013年4月16日 (火) 22時57分

ミーさんへ

ミーさんならもちろん上手に作られていたお菓子たちなんでしょう?そんなミーさんにもチュイル褒められちゃったヽ(´▽`)/
焼き色のバランスとても勉強になりました。全体が焼き色ついていてもイマイチですもんね。焼き加減もすべてが成功してはじめて美味しいものが出来上がる繊細なお菓子たち難しいわけです・・・。
チュイルにオレンジの香りがしてくるなんて、それは素敵ね。私好きね・・・きっと
ますますオシャレなチュイルになりそうです。
でも、このお菓子崩れやすいので、プレゼント向きでもないでしょう?手渡しでも、心配になってしまいそうです
私のお菓子でもミーさんのテンション上ってくれたんですね。
嬉しいです。
ミーさんの本気のお菓子作り久しぶりに見たいなあ~。
あっでも、今はミーさんの身体に、我慢しておきま~す。

投稿: mameko | 2013年4月17日 (水) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fours secs★フール・セック:

« mameko bread ハンコ | トップページ | プルマンブレッドは永遠 »