« San Francisco パン屋さん NO.7 | トップページ | スーパーマーケットで NO.8 »

2013年1月15日 (火)

新春豆まめクグロフ

新春をイメージしたクグロフが焼きあがりました。

お豆を数種類たっぷり入れたお抹茶色の生地はまさに、

JAPANESE BREAD なのであります

Cimg3512

うぐいす豆・金時豆・大納言・手亡豆・ひよこ豆の数種類を入れて華やかに

Cimg3518_2

しっとりと少し重くずっしり感もあります。

mamekoはこういうバターの入った甘いパンにも更にバターをつけて、バターの風味とお豆のコラボで味わいます。お豆の甘味とバターが美味しいのよね

あれ・・・カロリーが気になるって思わないでね(ノ∀`) アチャー

なかなか好みの食感と味です・・嬉しい

Cimg3513_2

時間をかけて大事に焼いたパンなので、焼きあがった時はやっと出来たんだ~

本当にかわいいって思ってしまいます。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜゜

ここからは、長い行程を興味のある方にだけ見てもらいたくてお伝えします。

去年から冷蔵庫で寝かせておいたりんご酵母液を使って前種法で、2日でパンにしてみようと思います。いつものパン種とは違って早く出来るので、どんな仕上がりか見てみたいと思います。

りんご酵母液150gと粉150gを入れて混ぜ混ぜしたとことです。

Cimg3478
1日おいて様子をみます。かなり気泡が出来ています。Cimg3480
かなりぷくぷくに膨らみました。でも、もう少し

ここまで出来たら、生地に混ぜていきますね。

Cimg3485_2

前種の生地がやっと出来ましたよ。信じられないほど、前種だと時間がかかりましたね。

今とくに深夜寒いということもあり、次の日の朝には開始出来るかな~と思っていたのに・・・

作り始めたのはすでにお昼すぎ

やっと生地が成形できるようになるまで20時間ぐらいかかりました。あれれ

前種の発酵の時間も入れたら、さらに1日プラスです・・・・。

このあたりで2日経過(゚ー゚;

やっと、最後の成型に

どんな成型方法にしようか昨日寝ながらずっと考えていたけれど、お豆をバランスよく入れたいと思いこの方法に決定です寝ながらそんな事考えているの?って皆さん思うでしょうね。目を閉じて考えることがほとんどです

Cimg3498
お豆を底にひいて生地の中にも少し入れ、まず5個敷き詰めました。

生地は25gぐらいで小さい○を12個に分割しておきましたよ~。

Cimg3499_4
またお豆をちらしてから、残りの生地をつめま~すCimg3500
こんな感じです。隙間にさらにお豆をたっぷり入れています。

Cimg3501_2

少しだけ、均等かつ隙間ができないように押さえています。これで、あとはじっくりと最終発酵です。2時間ぐらいかな。

お友達とお食事に行くので、新年のおみやげとして作っているのに、間に合うかなってぐらい時間がかかってます。早く~クグロフちゃん

去年からクグロフを使って新年ぽいパンを作ろうとあれこれ頭で考えていたパンが今やっと形になりました。

りんご酵母も年度を越えて頑張ってくれました

Cimg3509

焼きあがりました嬉しいです。丁度良さそうな膨らみです。

自家製りんご酵母で出来上がった豆まめ新春クグロフは自己満足レベルはMAXになりそうな勢いです。

今年も良い事ありますように

mamekoのお祝いパンでした

新春豆まめクグロフの配合クグロフ小 2個分 mamekoレシピ

前種 250g  強力粉 175g 抹茶 6g 塩 4g  砂糖 30g  

卵 55g  牛乳 20g  バター 65g  お豆類 280gぐらい

 

|

« San Francisco パン屋さん NO.7 | トップページ | スーパーマーケットで NO.8 »

手作りパン(天然酵母編)」カテゴリの記事

コメント

きゃ~、素敵なお豆パンですね~~
モンキーブレッドみたいに、丸めて入れるんですか…
お豆もバランスよく配置できますね
なんだか、宝石いっぱいの冠みたい
被ってみたくなります~~

投稿: たんぽぽ | 2013年1月15日 (火) 17時07分

たんぽぽさんへ

ありがとうございます
ちょっと特別なパンにしたくて、お豆色々入れて豪華にしてみましたよ
確かに冠みたいになってしまいました。
モンキーブレッドもこんな風に丸めていれますもんね
このパンは更に丸めた生地の中にもお豆を入れて丸めているんです。そうすると、隙間以外にもお豆が入ってくるでしょう均等にね
クグロフは出来上がりが楽しいですよね。
たんぽぽさんのクグロフもいつも豪華ですよね

投稿: mameko | 2013年1月15日 (火) 18時05分

はあ~~2日がかりですかッ∑(=゚ω゚=;)
それも発酵の具合によっては
夜中にゴソゴソコネコネってことにもなりかねませんよねッ
朝起きたら過発酵だったなんて、ショックです
こうやって丁寧に作ったパン
さぞかし美味しいんでしょうね~~~

投稿: mitsumiya | 2013年1月15日 (火) 18時31分

mitsumiyaさんへ

正確に言うと二日以上かかってしまいました。
やはりこの季節は寒いので・・・なかなか
だから、過発酵の心配はほとんどないぐらいです。
イーストと違って発酵オーバーになる時間の感覚がかなり変わってくるので、意外と適当に作れる良さも感じます。
大事に時間をかけて作ったので、それはそれは美味しく感じましたよ~

投稿: mameko | 2013年1月15日 (火) 19時53分

すばらし~
綺麗な色と形
工程までじっくりと見てしまいました
最終発酵が2時間とは…
イーストとはまるで違うものなんですね^^
小物もこれぐらいかかるのかな?
これからも工程教えてくださいね

投稿: いもっち | 2013年1月15日 (火) 21時52分

いもっちさんへ

ありがとうございます
そんなにじっくり見てもらえて、嬉しいです。
イーストは、はっと目を離している間に・・・
きゃ~ってことになるけれど、酵母はそういうのがないんです。
じっくりじっくりって感じで・・・・・。
それにしても室内が寒いせいなのか時間がかかります。
小物だったら、そんなにかからないはずです。今回はかかりすぎですね

投稿: mameko | 2013年1月16日 (水) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春豆まめクグロフ:

« San Francisco パン屋さん NO.7 | トップページ | スーパーマーケットで NO.8 »