« Chicago 朝食編 NO.3 | トップページ | Pan gallrgo スペインのパン »

2013年1月10日 (木)

Chicago パン情報 NO.4

mamekoはアメリカのパンを普段から良く作るのですが、Challahというパンを作ったのを覚えてらっしゃる方いらしたら、嬉しいなあ~happy01

この時本物のパンの存在を知らずに焼いたので、なんだかピンとこなかったんです。

だから、本場のChallahを見てお勉強してきましたよsign01

こちらです(=´Д`=)ゞ

ちなみに30cmぐらいありました。レーズン入りとプレーンタイプがあり、とてもBIGなパンでしたね。これが本場の大きさだったんですね・・・・・。これだけ大きく焼いてあるので、なんだか美味しそうですよnotes

Cimg3226

あとコーンブレットもmamekoが以前に焼いてご紹介したんですが、こちらが本場の売り方でございます。

Cimg3227

10cmぐらいのカットでラップで包まれています。

グラムで売られています。

ダイナミックですが、お味は確かですdiamond

アメリカに来るとパンを食べたり見たりと、本当に勉強になります。

創作意欲も沸いてますますmamekoパン頑張って作らなくちゃって思わせてくれるんです。

なんでも食べてみて感じないことにはと思ったり(○゚ε゚○)

mamekoパンの原点はここにあり・・・・・・なんてねbleah

NO.5に続きま~す。次回はカップケーキです。

|

« Chicago 朝食編 NO.3 | トップページ | Pan gallrgo スペインのパン »

USA CHICAGO編」カテゴリの記事

コメント

旦那さんもアメリカパンが好きなんですね
それはmamekoさんは作りがいありますね
食が共通してるのって大切ですよね~

投稿: まーみん | 2013年1月10日 (木) 12時22分

mailtoまーみんさんへ

食事って本当に大切diamond
元々の食生活も関係してくるけど、夫婦って一緒にいるうちに、なんだか好みが似てきてしまうような気がします。
どうかしら?
一緒に食べている時美味しいものは同じように美味しいと感じてくれたら楽しいし嬉しいですhappy01
うちの主人は基本ごはん大好きだから、パンは私の影響で食べる機会が増えてしまったような気がします。
きっと歩みよってくれたんだと思います。

投稿: mameko | 2013年1月10日 (木) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1714894/48633825

この記事へのトラックバック一覧です: Chicago パン情報 NO.4:

« Chicago 朝食編 NO.3 | トップページ | Pan gallrgo スペインのパン »