« ハンブルグ シュトーレン PART Ⅰ | トップページ | ハンブルグ シュトーレン PARTⅢ »

2012年12月19日 (水)

ハンブルグ シュトーレン PARTⅡ

無事に出来上がったシュトーレンですが、プレゼント用にラッピングをしなくては

今年はとっても好みのシールを見つけたので、それを使いたいのですが、どうしたらいいか悩みます(´~`)。CAVALLINI&CoChiristmas Stickers なんだけど、かわいいんですよ~いつもアメリカでクリスマスカードやシールのかわいいのみつけては買ってきたりして用意していましたが、今回は近くの雑貨屋さんでお気に入りをみつけて、側購入してしまいました。気に入ったものがあるとなんだかラッキーな気分

シールがメインのラッピングにしてみました。どうかしら???

Cimg3137

いろいろなシールを組み合わせてみました。

合計10個ペタペタと貼っている時もちょっぴり楽しい時間かも

あ~今年も無事にシュトーレンが焼けたことが嬉しくて

全部思わず写してみました

Cimg3142

心を込めて焼いたシュトーレンがそれぞれの方に届いて少しでも、温かい気持ちになってもらえたらこんな嬉しい事はありません。

mamekoの気持ちよ飛んで行け(/ ^^)/いつもありがとうこれからもよろしね。

Cimg3151

Cimg3143_4 

|

« ハンブルグ シュトーレン PART Ⅰ | トップページ | ハンブルグ シュトーレン PARTⅢ »

手作りパン(イースト編)」カテゴリの記事

コメント

す・凄すぎる~10個も送るんですかヾ(*゚A`)ノ
何か本格的~1ヶ月後でも美味しかったんですか?
へ~シュトーレンてすごいですね~
私はすぐ食べちゃいますけど( ´艸`)プププ
私のもパウンドケーキまではいかないけどパンは
残っててシットリだね~って言ってくれました。
mamekoさんのは見た目もヨーロピアンな感じで素敵
mamaekoさんは「しあわせのパン」て映画のイメージです。
それで前に釜で焼いてるんですか?と聞いたんです
めっちゃ食べた~い

投稿: まーみん | 2012年12月19日 (水) 21時02分

シュトーレンたちの画像を見ただけでも、
mamekoさんのお気持ちが届いた気分です~*
ほっこりほっこり~~♥♥
お気に入りのシールを見つけた
ぐふふ♡
なお気持ち、シール好きのgan★ganとしてはよく分かっちゃいます!
クリスマスらしいカラーでも派手すぎず、
やさしい雰囲気のシールが素敵です(o´∀`o)

投稿: gan★gan | 2012年12月20日 (木) 17時51分

まーみんさんへ

10個も作ってちょっと忙しかったでしたね
けれど、終わってみると自己満足しています
それにしても、、しあわせのパンというイメージはちょっと褒めすぎでは
北海道だからそんなイメージなのかしら?
あの自然の中のcafeは私も好きです。
私も目標にしている感じかもしれません。
まーみんさんがそんな風に思ってくれたことは大変嬉しかったですね
ありがとうございます

投稿: mameko | 2012年12月20日 (木) 20時42分

gan★ganさんへ

気持ちが届きましたかそれは嬉しい
gan★ganさんならあんなモチーフのスタンプとか手作り出来たりするんでしょう
いつもかわいいスタンプですもんね
シールもいいけど、スタンプも大好きですよ~。
mamekoのスタンプっていうのを作ってもらいたいのが本音です。いつかお願いします図々しかったですか

心を込めたシュトーレン達は旅立って行きましたよ~

投稿: mameko | 2012年12月20日 (木) 20時50分

mamekoさんのシュトーレンをいただける人が羨ましい〜〜
ラッピングもとっても素敵です!
それにしても10本も焼いてしまうなんて(尊敬のまなざし
毎日美味しいパンを食べられるご主人が羨ましいです。。。

投稿: みっちゃん | 2012年12月21日 (金) 16時26分

みっちゃんさんこんばんは

シュトーレン達はそれぞれの送り先に旅立って行きました。
今は喜んで食べてもらえたら嬉しいなって思っています・・・・・。
10本焼きはちょっとハードでしたねでも、楽しかったです
ラッピングみっちゃんさんに褒めてもらえてなんだかとっても嬉しいです
素朴な仕上がりなので、どうかなってって思っていたのですが、良かった~安心しました。

投稿: mameko | 2012年12月21日 (金) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンブルグ シュトーレン PARTⅡ:

« ハンブルグ シュトーレン PART Ⅰ | トップページ | ハンブルグ シュトーレン PARTⅢ »