2017年12月10日 (日)

手作りシュークリーム

エクレールと一緒にシューア・ラ クレームも作ったんでした。講習はパンも作りお菓子も作りそれは大変でcoldsweats02ヘビーレッスンですε-(´∀`; ) シューとは今更ですが、キャベツを意味しますよね。エクレールの稲妻やシューがキャベツってよく改めて考えるとバラエティー豊かなネーミング由来だなあって思います。 シュー生地もエクレールの生地も同じように作るけど、最後の仕上げが変わるとまるで違うスイーツに感じます。兄弟スイーツsign02兄弟みたいなもんだわ。 変な例え(⌒-⌒; ) シューの中にはクレーム パティシェール(カスタードクリーム)とクリームシャンティ(生クリーム) の2段重ねです。トップはサブレ生地ものせてサクサク感も出しています。 旦那さまいわくこれはあっさりしたシューらしい?! 確かに甘さ控えめな気もする でも、私にはこの生クリームがあっさりしてるとは思えない。最近は生クリームあまり食べてないからかしら。 小さいけどしっかり胃にくるーcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

エクレール作り

エクレールそれは稲妻⚡️を意味します。私はいつもエクレアって言っていますが…。 これは買ってきたわけではありません。 JHBSで私が作った手作りエクレールでありますscissors クリームはこの3つを混ぜて作っています。 このクリームは美味しいんですよー。 クレームパティシェール(カスタードクリーム) クリームシャンティイ(生クリーム) トラブリカフェエキス(カフェモカ味?) 先日これを作った時、クリームを絞り入れる時でした。こんな絞る作業が意外と難しいと感じたのは私だけ?でしょうか…。 きちんとした量をたっぷり絞りたいのですが、なかなか注入出来なかったりと、意外と簡単そうな所で私は慌ててしまうことがありますcoldsweats01パンもお菓子作りもそうですが、レシピからは細かいポイントや注意か必要な点などは全く伝わってこないし、自分にとって苦手な所がわからないから、実際作って習うことが大事になってくることを実感します。何度も習っているエクレールですが、今回も又改めて1つ1つの工程を再確認できてお勉強になりました。 でも、いつもお菓子作りって難しいなあーって思います。私はまだまだまだまだですねbearing 最後に表面にフォンダンやチョコをつけますが、しっかり冷えてるとチョコが食べた時パリパリするので、特にそこが良かった気がしましたね。 我が家ではパリパリが好評heartでしたよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

JHBS今月のお菓子 2017.11

今日から12月だなんて、慌てちゃいませんか?本当に月日があっという間に過ぎていきます。今更ですが、もう冬なんですよね。雪がないと、なんだか私ピンとこないんです。まだ私の中ではちょっと寒い秋ぐらい?そんな感覚でございます。

11月のJHBSのお菓子(茶々茶)です。今月に間に合わなかった(;;;´Д`)すみません。

さてさてこの茶々茶ですが、4センチぐらいの円形で、おやきみたいな形です。抹茶の生地で白あんを包んでいます。こういうお菓子なんていうのかな?

カリカリにホットプレートを使って表裏をじっくり焼いています。生地が膨らんだ感じもなく餡に薄く生地が張り付いているぐらいです。卵白を使っているせいか、ちょっと甘い砂糖衣のいような?シャリっとした食感がありました。

見た感じは月餅にも少し似ていますでしょうか?ずっしりとした餡が入った焼き菓子です。

ちょっと今月のメニューは渋いお菓子だったわね・・・・。(;´д`)トホホ…

まあたまにはこんな月メニューもありますね~。

作り方は簡単なんですが、一つだけ表面に字を入れる時に、抹茶ペーストをペーパーコルネから薄く細く出して書かないと何を書いたかわからなくなってしまうので、そこだけ注意が必要です。普通に書いたら私失敗しちゃいました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

JHBS今月の新メニューのパン 2017.11

 
JHBS今月11月の新メニューのパンは、フランボワーズぺパンとチョコを組み合わせたデニッシュです。 シンプルにChoko danishといいます。 チョコとベリー系(フランボワーズ)って合いますよね。中にはチョコのバトンブランジェを一本入れています。アーモンドのトッピングで食感もプラスしています。 割と小さ目ですが、満足感はありそうです。甘くて美味しいチョコデニッシュが焼きあがりました。 見た目も美しいheartです。 最後にナパージュでツヤツヤさせると更に見た目がゴウジャスdiamondになりました。 デニッシュって出来上がったらちょっぴりテンション上がるup気がするー。
 
 
ポイントはあまりクープは深く入れない方が綺麗に出来るそうです。チョコが見えるまでクープを入れない方がきれいに出来ます。出来るだけ浅めにお願いしまーす。でも、浅すぎても・・・・(^-^;問題ですけど、ほどよくお願いします。とのことです・・。
 
 
これは焼く前の画像です。焼く時と焼いた後2回に分けてフランボワーズぺパンをトッピングするので、フランボワーズのピンク色が綺麗ですよね。
あっ今気付いたけれど、私仕上げにトッピングシュガーかけるの忘れてましたcoldsweats01
食べる時にかけて~ですねbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

スイスの焼き菓子

これはエンガディーヌというお菓子 文京区の向丘でひっそりと営業しているお店を発見しました。あまりネットでもほとんど情報が出まわってないお店です。 ベル洋菓子店です。 ここの一押し商品がこのエンガディーヌという焼き菓子であります。スイスのエンガディン渓谷地方に古くから伝わる代表的なお菓子です。 簡単に説明すると、くるみと生キャラメルをクッキー生地で挟んでいるような感じです。 店内は本当にシンプルでこだわりの焼き菓子が数種類並べられているだけなんです。すごくすごく気になる〜と思い、思いきって入ってみたんです。そこは店主の男性が1人で切り盛りしているようでした。なんだか不思議な空間にも思えるほど、シンプルなんです。 おススメのエンガディーヌを食べてみて、美味しいの一言でありました。余計な味が一切せず、シンプルな美味しさはまさに正統派なお菓子です。 なんだか誰も知らないお店を見つけた気がして嬉しくなります。 旦那さまもこのエンガディーヌには、絶賛でした❤︎ 間違いない美味しさです。 せっかくなので、ブログにアップしちゃいます。 スイスのお菓子エンガディーヌおススメですよー。 ベル洋菓子店を是非探してみて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

黒は白より身体に良い

 
お家パンはやっぱり白より黒にしたい・・・。
 
我が家ではお米だって白米だけじゃなく雑穀を混ぜたりして、随分身体には気を使っているつもりです。
うちの旦那さま最近知らなかったんだけれど、玄米おにぎりを時々食べるようにしているらしいの・・・。へーそれはえらーい、ちょっぴりびっくりしましたね(゚ー゚)sweat02
日々の小さな努力が嬉しいです。
だから、パンだって玄米粉を混ぜ黒ゴマを加え、旦那さまも喜んで食べてくれるようなもっちりとした健康食パンを焼きたいなあって思って作ってみました。
 
このパンは玄米粉をアルファー化させたものを生地に加えています。アルファー化させると、生地がもっちりしてしっとりして、甘みが出ると思います。
ひと手間ですが、美味しくなると思えば手間ではありません。
(小麦粉に熱湯を加えて澱粉化させます)
このアルファー化させた生地を混ぜると通常のパン以上にでんぷん糊化度を高めるためにもっちりするというわけです~。
 
一晩寝かせた方がもっと美味しかったかもしれないのに、アルファー生地を冷ましてすぐ焼いちゃったの・・・。待てなかったです(^-^;
私の電気オーブンも頑張ってくれています。しっかり予熱しておくと、ちゃんと良い感じの焼き色が付きます。
正直200℃以下で焼くことはあまりないかもしれません~。
電気の特徴はパン生地のしっとり感が残るということです。
ガスに負けないパンを焼くには、本当しっかり予熱ですね。そうすると短時間高温で焼け電気ならではの水分もしっかり残せます。私は250℃で予熱するんですが、時間もピーっ終了合図が鳴ってからも更にしっかりとるようにしています。
特にこのパンはアルファー化させたパンなので、焼き上がりは結構しっとり焼けました。
 
やっと私の電気オーブンですが、愛着も少々heart出てきたかな~。
最近東京も寒くなってきたので、パンが焼きたくなるモードになっています。
だから、色々考えながら美味しいパンを時々焼きたいです。
パンの種類はやはりヘルシー系でscissors
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ローズベーカリーの甘いスイーツ